FC2ブログ

shiroyamars-style


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会館

3月に完成した会館の

工事代金の最終支払いが

昨日完了。


県の二分の一助成金を

利用しての建設で、

工事代金の半分を

県と町が

さらに

半分づつ出すという制度。


会館と言っても

大きめの仮設プレハブな

ワケだが、

オレたちにとっては

十分すぎるぐらいの

環境だ。

いざとなれば

小規模ながら

避難所にもなりうる。



3間×5間のプレハブ



昨年の5月に

津波被害のなかった

寺野地区に土地を借り、

整地してプレハブ設置を待った。


8月より設置工事→

内装工事→備品整備→

水道工事と

予算の都合上、

約7ヶ月をかけて

完成にこぎつけた。



助成金の支給決定が

昨年10月で

受給がこの5月、

思えば

工事業者さんにも

いろいろと

ご迷惑をかけてしまった。



着工から完成、

そして支払い完了まで

多少時間はかかったけど、

自力でここまでの規模のは

絶対ムリだったろうから

やはり支援あってのものだ。


ありがたいな、

本当にありがたいことです。




会館と同時に完成したのが、

日本財団さんからの

支援も受けている山車庫。



新造山車が納まるのを静かに待つ



この配置は震災前、

栄町を拠点としていたころと

まったく同じ。

残念ながら

津波ですべて流れてしまったけど、

あのころの環境をまたいつの日か、

という想いは

メンバーみんなが

もっていたハズだ。


ただ、あまりにも

失ったものが大きすぎた。


会館に収納していた

道具、衣装、山車etc。。。


とりあえず虎舞を演れる

最低限の環境をと

考えていた時点では

会館とか山車とか

夢のまた夢で。。。


震災から数週間の時期だ。


その後、

各NGO団体さん、岩手県が

被災地の郷土芸能団体の

支援にのり出し、

助成金の話しが矢継ぎ早に───。



確かに

支援を受けて

これだけ整備できたのは

運が良かったのもある。


ただ、一つだけ言えるのは

運を引き寄せたのも

オレたち自身。

震災直後の

あの混乱していた時期でさえ、

決して虎舞のことは

忘れなかった。

だからこそ

メンバーがバラけず

早い時期の活動再開に

繋がったと思うし、

いろんなとこに触覚を伸ばして、

耳を大っきくして

情報収集に努めた。


助成金関係で

たくさんの人たちと

出会えたのも

大きな力になった。


決してめんどうくさがらず

まめに動く。。。


すべてが

今の状況に繋がっていると

自負できる。



会館があれば

みんなが集まる、

みんなが集まれば

必ずそこに何かが生まれる。


、、、と思う。



小難しい話しになったけど

まぁ神棚でも拝んでけで(笑)



パンパンってな
  1. 2013/05/10(金) 09:09:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京遠征 | BLOG TOP | マスト公演>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

<<東京遠征  | BLOG TOP |  マスト公演>>

FC2Ad

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。