FC2ブログ

shiroyamars-style


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンフレット

懐かしいものがでてきた。


2003年4月、

ちょうど10年前

二代目山車が完成したときに

制作した山車のパンフレット。






表紙題字は

山車製作者の

宮大工棟梁 植田 士氏。



6項にわたって

山車の見所、魅力が

紹介されている。









震災津波によって流失した山車は

日本財団さんの支援で

新たに製作していることは

ブログでも

何度となく紹介したけど、

実は

製作する宮大工さん、

つまり

初代、二代目と

二度にわたって

うちの山車を製作してくれた

植田士棟梁が

津波で流され

現在も行方不明。。。




植田棟梁は

釜石市箱崎町の

植田建設四代目。

うちの世話役の千田氏の 

叔父にあたる。


そういった関係で

二つの山車の製作を

依頼したのだけど、

「金を残すか、名を残すか」

という格言のもと

金を残すことより

まさに名を残すを

地でいったような人だ。


二度の山車製作の際も

ずいぶんムリを言って

お付き合いしていただいたが。。。



いま

四代目の意志を継ぎ

植田建設五代目棟梁、

植田克郎氏の手によって

新造山車の製作が進んでいる。


脇を固めるのは

植田四代目の実弟で

三陸の名工の名を欲しいままにする

彫刻師 植田力氏。


津波で彫刻道具を

すべて流されたこともあり

一度は彫刻師の名を

捨てることさえ考えたが、

やはり四代目の意志を継ぐ意味で

新造山車の製作に携わって

いただいている。


そして

植田建設の流れを汲む

千田哲男棟梁率いる

千田建設。

新造山車の外観の

一部変更に伴い、

植田士棟梁が残した

山車の設計図面の手直し等、

いろいろと面倒かけっぱなしだ。


日本財団さんの支援で

すでに数団体の山車が

完成している中、

出遅れながらも

何とか順調に進んでいる。




パンフレットの裏表紙。
一階欄間の彫刻、四神の原画作絵は
彫刻師 植田力氏。
この原画は山車落慶の記念品の絵皿にも
用いられた。



オレたちが

郷土芸能を伝承するのと同じで

山車製作に携わっている人たちもまた、

宮大工植田の名跡を

伝承しようとしている。



内容は違えども

やってることは一緒だ。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/16(火) 07:30:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

再始動

2月に急逝した

メンバーであり友だちの

MITTSUの四十九日も終え、

この7日より練習開始。


喪に服すという意味で

四十九日過ぎるまではと

一応、派手な動きは

慎んでいた。


忌み明けを
(時期についてはそれぞれの解釈あり)

睨んでの年総会、

練習開始と

まるで

春の訪れに合わせたような

タイミング。


MITTSUよ、

さては仕組みやがったか(笑)








練習といえば

震災前までは毎週日曜日、

震災からのこの二年は

虎舞の活動の忙しさに

練習場所確保の

難しさが手伝って

ほとんど練習が

出来ない状況でした。


平日に練習した時期もあったけど、

やはり人が集まんない。


とにかく場所は変われども

基本毎週やらねばってこと。



オレの持論だけども、

9月半ばのまつり前に

まつりを語るのは老若男女、

ダレでも出来ること。

まつりの前は街全体が

そういう雰囲気になるから。


大槌町の場合、

みんながまつり話しで盛り上がるのは

良くて年内、まぁ3ヶ月───。

飲みに行っても、

メシ食いに行っても

至る所でまつり話し。


でも、寒くなると

だーれも言わなくなる。


それは多分、みんな

時期ハズれと思っているからだ。



オレたちに時期ハズれはない。

それは年中、虎舞を演っているから。


年中、感覚を維持していることで

いつでもどこでも

クォリティーの高い

演舞が出来ると信じている。


ようは一年通して

まつり話しが出来るかって話し。


虎舞の話しじゃなく、まつり話し。


虎舞はまつりあってのもの。

神輿のお供として、街を練り歩き、

門打ちをやってこその虎舞。


まつりに向けて

一年通していろいろと調整する。


イベントなんかも

もちろん大事だけど、

あくまでまつりに向けての通過点。


つまりは、

年中練習することが

すべてまつりに通じるってことだ。


練習なしの行き当たりばったりは

ともすれば意外性を以て

受け入れられるけど、

ハズしたらそりぁもう。。。



城山連中は

ハズさないよう、

ガンバって練習しまーす!
  1. 2013/04/09(火) 12:26:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年総会

6日、会館にて

年一回の総会を開催。


事業報告に会計報告、

役員改選等が行われました。


その後の懇親会では

年長組から青年会、

年少組までが交流を深め、

年代を超えた

意見交換が行われました。







この新年度から

新高校生ら5人が

新たに青年会入りし、

活性化の予感。。。

小学生のころから

まつりに参加していた

バリバリの城山っ子たちだ。



右からカイ、コーちゃん、ダイ、リュウ、マツ



将来の城山を背負っていく

期待のホープたち。

三年後は高校生活を終え、

それぞれの進路に散って行くワケだけど、

例え地元を離れても

まつりの時は

必ず戻って来たいと思うぐらい

この三年間でハンパなく

燃えてもらいたいものだ。


そうやってきた先輩たちもいるから

コイツらも必ずや、

と思いたい。


そしていつかは必ず

サケの如く大槌に帰って来て

城山を背負ってもらいたい。


そういえば

オレらが中学のころ

何かと「鮭の子たち」という文字を

学校で見たような。。。

例えば校内の張り紙関係、

卒アルのタイトルとか。。。



そうか、そういうことか。



今わかったよ。


学校は生徒たちを

大槌川に毎年戻ってくるサケに例えて

卒業してみんながバラバラになっても

いつかは大槌に戻ってきて

この街を支えてもらいたいと

願っていたかもだな。。。


こりゃあ深イイはなしだわw



でもアレだ、

今ごろ気がついたかこのタワケ!とか

笑われそうだなw





男所帯なもので

ガッツリ男盛りですw
  1. 2013/04/07(日) 18:15:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

FC2Ad

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。